住み替え

不動産の仲介依頼

不動産仲介会社は「不動産を売りたい」という売主様に対して「不動産を買いたい」という買主様を見つけてきてご紹介する仲介を仕事にしています。売主様は事前に「仲介契約」を不動産会社と結び、これからの不動産売却活動をスタートさせます。

住み替える家を「先に買う」、今の家を「先に売る」

ご自宅を売却して新しく住み替えをする場合、先に次の住居を購入してから現在の住居を売却する「先買い」パターン。それに対して、先に現在の住居を売却してから新居を購入する「先売り」パターンの2つの売却の流れがあります。

住みかえ時の「先買い」と「先売り」は何が違うの?

「先買い」は、すでに住宅ローンの支払いが終わっている場合にメリットの多い方法です。

先に住み替える次の物件を決めておけば、仮住まいなどの無駄な費用がなくなりお得ですし、荷物も先に移動させますので売却活動がスムーズに始められます。購入する家をじっくりと探せるのも「先買い」のメリットとして大きいでしょう。「先買い」のデメリットは、先に買うので、次の家の購入資金準備が必要となることです。

ローンが残っている人が「先買い」をすることも可能ですが、じっくりと希望条件にあった物件を探すことができる反面、住宅ローンが残っている場合は、今の家と次の家のローンが一定期間は重複してしまいがちで、ダブルの返済が想定されます。

これに対して先に今の家を売ってしまう「先売り」は、先に売っているので手元に残る資金が確定しますので、資金計画が立てやすくなります。ただし、引越までに新居が決まっていないと仮住まいをしなければならず、次の家をバタバタと探す気持ちが強くなります。

「先買い」の流れ

住み替える家を探してから、売却活動がスタート。

1.資金のご相談

まず次の家を購入する資金計画のご相談から。

1.購入資金計画を立てる

2.売値の検討

今の家をいくらで売ることができそうか検討します。無料査定をご利用ください。

2.売却のご相談

3.不動産会社を選ぶ

お客様の立場で丁寧に対応をする不動産会社を探すことがポイントです。その会社と一緒にじっくりと次の家を選んで見学内覧してみましょう。

3.物件の見学内覧をする

4.仲介の依頼をして媒介契約を結ぶ

ご自宅を売却する仲介を依頼します。「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」 のいずれかを選択します。

4.不動産売買契約を締結

5.売り出しを始める

当社の場合はご登録いただいている購入希望のお客様にメールで紹介。
当社ホームページにカラー間取図・外観写真等を掲載いたします。

5.住宅ローン契約

6.購入者決定、売買契約を締結

6.残代金の支払い・物件の引き渡し

6.残代金の支払い・物件の引き渡し

7.物件を引き渡し

お客様のご都合に合わせ引渡し時期を決定します。

7.引越

「先売り」の流れ

※赤文字は新居購入のフロー
売却活動と並行して新居探しが可能です。

1.売却のご相談

お電話またはお問い合わせフォームからご相談ください。

2.査定依頼

査定はもちろん無料です。 査定フォームからの簡易査定も受けつけております。 お気軽にお申しつけください。

3.不動産業者を選択

お客様の立場で対応をする信頼できる不動産業者を探すことがポイントです。

4.媒介契約を結ぶ

「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」 のいずれかを選択します。

5.売り出しを始める

当社の場合はご登録いただいている購入希望のお客様にメールで紹介。
当社ホームページにカラー間取図・外観写真等を掲載いたします。

1.資金計画

2.ご購入のご相談

6.残代金の支払い・物件の引き渡し

3.物件の内覧をする

7.物件を引き渡し

お客様のご都合に合わせ引渡し時期を決定します。

4.不動産売買契約を締結

5.住宅ローン契約

6.残代金の支払い・物件の引き渡し

7.引越

買取の場合

相続や離婚などで急いで不動産を売却したい、物件売却が必要という方には、不動産屋に直接買い取ってもらうという方法があります。

1.不動産売却のご相談

お電話またはお問い合わせフォームからご相談ください。

2.査定依頼

査定はもちろん無料です。査定フォームからの簡易査定も受けつけております。
お気軽にお申しつけください。

3.価格の提示を受ける
4.打合せを行う
5.売買契約を結ぶ
6.引き渡し

お客様のご都合に合わせ引渡し時期を決定します。