プロの私が必ずやっている売却のポイント4つ

不動産のプロである私が必ずやっている「売却を成功させるためのポイント」をまとめてみました。あなたの大切な不動産を少しでも高く売るために、これらのポイントを押さえて、上手に活動して納得のいく不動産売却を実現しましょう。

不動産売却のポイント

Point1

売却する理由とご自身の経済状況をしっかり把握しましょう!

今回、あなたが不動産を売却する理由は何ですか?

売却活動のために使える資金はいくら用意できますか?

住宅ローンはまだいくら残っていますか?

ご自身の経済的な状況を把握にしておきましょう。この点が明確になっていないと、行き当たりばったりな決断をすることにつながります。売却活動スタートでの大切な第一歩です。

Point2

物件の価値をできるだけ正確に把握しましょう!

売却する不動産の価値について「できるだけ詳しく知っておくこと」はとても大切です。

近隣エリアで売り出された過去や現在の価格相場をネットを使って調べてみましょう。不動産売買では、自分だけが相場よりも高く売れるというケースは稀です。購入希望者は毎日ネットで近隣の物件をチェックしています。つまり買い手は価格相場を熟知していると思ってください。

もちろん誰でも少しでも高く売りたいと思うものですが、売り出し価格の設定が周りの物件と比較して高すぎると買い手の興味を引くことは難しく、売却活動が長期化します。逆に価格が相場より低すぎても、希望の売却価格を下回って売ることとなり失敗に。

ご自身が物件の相場価格を把握しておけば、不動産会社から提示された査定額について判断する材料にもなります。

Point3

物件と売主様を好印象に演出しましょう!

なにごとにも印象は大切です。

購入希望者が物件を見学に来られる際には、できるだけ室内をキレイにしておくことは当然のこと、売主様自身の印象も大切です。買う側の立場で考えてみると、どんな持ち主から購入するのかは意外と気になるものです。また、修繕の履歴やリフォームした箇所など、たとえ不都合な情報であってもしっかりと相手に伝えましょう。購入希望者に安心してもらえること無しに、希望の条件で売れるなんてことはありません。あらかじめ図面などを準備して、購入希望者の質問に答えられる準備をしておきましょう。

Point4

信頼できる不動産会社が絶対に必要です!

不動産売却では、売出し価格の設定や情報を公開するタイミングなど、さまざまな場面で多くの判断が必要となります。その判断が正しいのか間違っているのかを見極めることが重要です。

とはいえ、それには専門的な知識や豊富な経験とエリアの特性を知ることが欠かせません。そこで必要なのは、信頼できる地元のプロの力です。

引越しや家族構成の変化やローン返済が困難になるなど、ひとくちに「不動産売却」と言っても、売る理由は人それぞれ千差万別です。そして、それぞれの理由によって、最適な売却金額やタイミング、広告チラシなどの情報を公開していく手段が異なります。絶対にご近所には知られずに売りたいと考えるケースだってあります。不動産売却において間違いのない判断を下すために、不動産に関する専門的な知識や豊富な経験が欠かせないのはそのためです。

そのプロが売主側の立場で応援してくれることが、何よりも一番大切です。パートナーである専門家がしっかりと売主様に寄り添って、売主様の事情や悩み、要望を的確に理解し、売主様にとってのベストな成果が得られるよう、全力で誠実に取り組む不動産会社を選んでください。

不動産売却の3つのコツ

不動産の売却に失敗しないためには、ちょっとしたコツがあります。コツをおさえておけば、誰でもが間違いのない売却を実現できます。

コツその1

不動産会社まかせにしない

売却にあたり、なにからなにまで不動産会社に任せっきりにするのは典型的な失敗のパターンです。

不動産会社は不動産の売却にあたって、査定・販売活動・売買契約・引き渡しなど、一連の手続きを全てワンストップで対応してくれるため、極端に言えば売主が何もしなくても不動産は売却できます。しかし、それでは自分の思うような売却は実現できないと考えた方がいいでしょう。不動産会社のアドバイスを受けつつ、売却活動の主導権は売主様が握っておくべきです。

コツその2

はっきりと自分の意見を言う

不動産の売却査定を依頼するときから、不動産会社とのコミュニケーションはとても重要になります。売主としての自分の意見をはっきりと伝えるようにしましょう。

たとえば査定額について、売主様は不動産会社は公正中立な立場から客観的に自分の不動産を査定してくれていると考えがちです。しかし、不動産会社は営利目的の企業です。会社にとってメリットがある「売りやすい価格で早く決着をつけたい」と本音は考えています。そのため、不動産会社に価格をまかせっきりにすると、会社の思惑通りの売りやすい価格、つまり相場よりも低めの金額まで次々と段階的に値引きを繰り返させられて、気がついたら安値で売却する結果になってしまう可能性さえあります。

このような失敗を防ぐためには、不動産会社に依頼する際には、売主としての要望や意見をきちんと伝えておくことが重要です。売主様にある程度の相場知識が備わっていることをアピールすれば、不動産会社の「独断専行」を抑止し、希望額に近い売却に近づくことができます。きちんと自分の意見や見解を伝えるためには、事前にインターネットなどで近隣の競合物件や類似物件の相場を調べておくようにしましょう。上手な調べ方は私がお伝えします。

コツその3

売り急ぐと足元を見られる

差し迫った事情があり、早い時期に売却しなければならない状況の場合は特に注意が必要です。

誰でも物件が売れるまで、悩みや不安は尽きません。また売り急ぐ状況では、高く売るタイミングを見極める余裕がないばかりか、買主側から価格交渉をされやすいというデメリットも生じてきます。売り急ぎは、損やトラブルの原因を招きやすいものです。半年程度の猶予をもって不動産会社に依頼できると良いでしょう。

不動産を高く売るためのコツはとてもシンプルです。ちょっと意識するだけで誰でも簡単にできます。コツをおさえて、不動産売却のリスクを最小限に抑えましょう。